スタッフブログ

春の訪れ🌷

こんにちは🌟
恵比寿ドライヘッドスパ専門店myuです😊

三寒四温といいますが、寒暖差が体にこたえなんとなくだるくて、せっかくの春を元気で満喫できない😲なんて事ありませんか✨
季節の変わり目にはめまいがする、、天気が崩れる前には頭痛がする、、など、気象の変化によって体調がすぐれない事を「気象病」、うつや不安といった気分障害にまつわるものを、「天気痛」と言ったりもするそうです🙇
天気痛は、天候が変わりやすい春や低気圧が続く梅雨、台風の多い秋などに要注意です(><)

春は日々の寒暖差や、低気圧と高気圧が頻繁に入れ替わる気圧変動が大きい季節です🌸
寒暖差に対応するため自律神経の一つである交感神経優位が続くと、疲れやだるさを感じやすくなります。
自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この自律神経は、ちょっとしたストレスでもバランスが乱れてしまいます💦
春は気温の寒暖差とともに、気圧の変動によっても、自律神経のバランスを崩しやすい時季です🍀
  気象病にならないためには、天気や季節変化から受ける影響を少しでも減らし、痛みなどで体調を崩してしまう回数を減らすことです🍃
・乗り物酔いをしやすい
・季節の変わり目に体調を崩しやすい
・暑い季節にのぼせ、寒い季節では冷える
・雨が降る前にめまいや眠気を感じやすい
・最近、体を動かす機会が減っている
・肩こりがある
・新幹線や飛行機に乗ると耳が痛くなる
・偏頭痛持ち
・几帳面な性格
・ストレスを感じやすい

などに当てはまる方は敏感に気象病や天気痛に反応しやすいそうです🌷

未然に防ぐためには、1日3食を守ることが大切ですが、特に朝食は、寝ている間に下がってしまった体温を上げ、自律神経を整えるのに大きな役割を果たすので欠かさないようすると良いそうです✨
そして、ゆっくり長くできる運動、ウォーキングや軽めのランニング、水泳なども良いです☺️
なかでも水泳は自律神経の働きによい刺激を与えてくれ、体温より低い水の中でゆっくり体を動かすだけでもと体の代謝がじわじわと上がっていき効果があるという事です🌸
めまいや頭痛が出やすい方は、ストレッチや筋トレで首回りの筋肉をつけて、血流を促すとよいそうです✨
ご自身に合った生活リズムや運動で、気象病や天気痛にのみこまれないよう気をつけたいですね🍀

本日も最後までお読み頂き、ありがとうございます🙇

関連記事

  1. サムネイルなし画像
PAGE TOP