スタッフブログ

眠れない時には

こんにちは😊🌸
恵比寿ドライヘッドスパ専門店myuです。

睡眠😴を促してくれる5つの食べ物

①アーモンド

アーモンドには筋肉を解きほぐしに無理を誘うアーモンドが含まれています。

大さじ1杯のアーモンドバターか約28グラムのアーモンドが目安ですね。

睡眠中の血糖値を安定させて良質な睡眠をもたらす効果もあります。

快眠😴にはカリシウムとマグネシウムが必要で
アーモンドはカリウムとマグネシウムを併せ持つ優れた食品となります。

2.お味噌汁
味噌には睡眠ホルモンのメラトニンを分泌させる
アミノ酸が含まれています。

インスタントのものでもOKです👍

味噌汁に含まれるアミノ酸は
快眠ホルモン【メラトニン】の生成を促します。

温かい飲み物は風邪の兆候をやわらげたり気分がすぐれない時に眠りやすくしたりといった効果もあるそうです。

3.バナナ🍌
実は眠る前にもおススメなんですよ✨
特に空腹で眠れないときもバナナです👌

バナナは快眠を促す成分の宝庫です🤩
バナナは身体と脳の両方をリラックスさせてくらるのです。😌

バナナは睡眠ホルモンの生成に必要なトリプトファンも
含まれているにで朝だけでなく夜のデザートなどにも応用すれば睡眠問題にもよいですね👍

4.枝豆
枝豆に含まれるイソフラボンという成分は安眠妨害につながる身体のほてりを抑える効果があります。

更年期障害にも効果的だという枝豆は
エストロゲンの分泌を促しほてりを鎮静させる効果もあるそうです。

枝豆2カップと塩少々
オリーブオイル小さじ1杯加えて
フードプロセッサーでみじん切りにして食べると
効果絶大。

5.さくらんぼ
さくらんぼにはメラトニンの生成を助ける物質が
ふんだんに含まれていることが判明したそうです。

チェリージュースを飲んだ人は約25分睡眠時間が延び6パーセントは睡眠の質にも改善が見られたそうです✨

睡眠周期😴をコントロールする神経ホルモンの一種
メラトニンがさくらんぼに含まれているのが発見され
注目されていて、メラトニンは睡眠を促し時差ボケを和らげます。

眠れない

そんな時に

是非お試しください☆

本日も最後までお読み頂きありがとうござます。

関連記事

PAGE TOP