スタッフブログ

睡眠といびき、お酒について🍺①#寝酒は睡眠の質を落とします(;^ω^)

アルコールの量といびきについて

 

アルコール🍺を飲むとぐっすり眠ることができる、そう思われている方も少なくありません。

しかし実際には、アルコールは質の高い睡眠に対してとても影響が大きいのです(;’∀’)

 

多量のアルコールは質のいい睡眠に弊害がでます

 

最初にアルコールと体の影響について

アルコール🍺を飲むと体の中で分解する機能が働きその際に【アセトアルテヒド】という物質が発生。これは交感神経を刺激し脳が活性化、その為に夜中に目が覚めてしまう“中途覚醒”が引き起きます👀

 

寝ているようで実は浅い睡眠なので、起床時の体がだるさ、重さが発生。一日のリズムも整いにくく悪い循環になってしまいます。

 

睡眠時の無呼吸状態になる可能性

【無呼吸】の状態

寝ている時に10秒以上呼吸が止まる状態を無呼吸といいます。

肥満体質の方など様々な要因が関係していますが、寝る直前までアルコールを摂取する

事もその原因の一つとされています。

 

アルコールは体に様々な作用を与えますがいびきの際の筋弛緩作用はその一つ

のどの呼吸が緩んでしまうのです。

 

その結果、のどの気道がせまくなり無呼吸の原因となってしまいます(;^ω^)

この様に寝る直前のアルコール摂取が慢性をすると、無呼吸症候群になる可能性があるため、日々の寝酒のくせがある方はご注意が必要なのです( `―´)ノいびきはそのサインなのです☆

myu恵比寿☆ドライヘッドスパリスト お勧めリンク☆

ドライヘッド体験・睡眠と健康・美容情報が沢山のお勧め3リンクです(^^)/

 

初回お試しのスパ特別クーポンはこちらからすぐに↓

https://www.myu-lounge.com/menu

 

700件を超える快眠&技術情報はこちら⇓

https://www.myu-lounge.com/blog

 

家族にスパのプレゼント?1日で出来るスクール開講☆↓

https://www.myu-lounge.com/school

 

関連記事

PAGE TOP