スタッフブログ

快眠知識#myu式ぐっすり眠れる方法【アルコールを飲みながら、質の高い睡眠を得る!】

前回の睡眠の質を上げるお酒の飲み方②

アルコールには利尿作用があります。

体がアルコールを尿で排出しようとしているのです。

寝る前にお酒を飲むと、途中夜中に起きてしまいます。するとレムとノンレムリズムがおかしくなり。睡眠の質を落とすことになりかねません。

上手く睡眠につけない、と睡眠に悩みを抱えてられる方が、

【眠れるように】を寝る前に一杯お酒を飲まれる、いわゆる【寝酒】ですが質の高い睡眠にとっては、逆効果になってしまいます。

お酒と睡眠の関係#myuドライヘッドスパ

アルコールを排出しようと体は深い眠りのところまで行けず、また体の修正作用もアルコールを消化しようと働きかけるので睡眠と

回復に集中できず浅い眠り質の低い睡眠で終わり

結局は疲れが取れない

だるい朝を迎える事になってしまいます。

回復睡眠・質の高い睡眠を目的とするならば

アルコールの量、そのアルコールの消化時間を考え、逆算してベッドに入る事を心掛けましょう。

アルコール健康医学協会適切な量について

人によっての適切な量は、個人差があり、またその日の体調によって異なります、

公益社団法人アルコール健康医学協会による1日の摂取量の適切なデータになります。

 

  • ビール:中びん2本程度(1000ml)
  • ウイスキー:ダブル2杯(120ml)
  • ワイン:1/2本(360ml)
  • 日本酒:2合(360ml)

 

またこれも人によっての個人差がありますが

生ビール1杯(生中約500mml)の消化時間は約6時間です。

アルコールはストレス緩和や緊張感を和らげる効果があります。決して悪い事

ばかりではなく、適切な量と、飲むタイミングのバランスを意識すればとても

効果的にリラックスできる必要な物だと思います。

【アルコールを飲みながら、質の高い睡眠を得る!】

 

 

ほんの少しの知識と健康意識で直ぐに生活に取り入れる事ができるのです( `―´)ノ☆

myu恵比寿☆ドライヘッドスパリスト お勧めリンク☆

ドライヘッド体験・睡眠と健康・美容情報が沢山のお勧め3リンクです(^^)/

 

初回お試しのスパ特別クーポンはこちらからすぐに↓

https://www.myu-lounge.com/menu

 

700件を超える快眠&技術情報はこちら⇓

https://www.myu-lounge.com/blog

 

家族にスパのプレゼント?1日で出来るスクール開講☆↓

https://www.myu-lounge.com/school

 

 

関連記事

PAGE TOP